商標登録.jp > 商標登録.jp(TM) >  > Q:海外での商標登録はできますか?

Q:海外での商標登録はできますか?

当事務所では、海外での商標登録も行っております。
米国、欧州各国、アジア・オセアニア各国などにおいて、商標登録の実績があります。

商標登録は、各国の商標法に基づき、それぞれの国の特許庁などの官庁に対し、登録手続きをするもので、それぞれの国ごとに権利が生じます。
各国の商標の制度は、国ごとにやや違いはありますが、条約などによって保護の効力が定められ、一定の保護レベルがされるように国際協力が図られています。

海外への商標登録は、直接、それぞれの国の特許庁等に対し、その国の代理人(弁理士・弁護士)を通じて手続きをする方法があります。

もう1つの海外への商標登録は、マドリッドプロトコルという条約の取り決めに基づき、日本の特許庁を通じて国際事務局に英文の出願書類を提出し、1つまたは複数の条約加盟国を指定して、国際登録をする方法があります。
1つの手続きで、1つの国際登録となりますが、指定した各国それぞれにおいて、通常の商標登録と同じ効力が生じます。
なお、国際登録は、日本での商標登録がされることが前提となります。

当事務所では、上記いずれの方法にも対応し、世界各国での登録実績があります。
海外特許庁への直接の手続きでは、歴史と実績のある海外代理人及び国内の専門翻訳会社と提携しております。国際登録は当事務所にて英文出願書類の作成に対応しております。

海外での商標登録をご検討の際には、まず、日本での登録やご使用実績・ご予定の有無、海外でのご使用実績・ご予定について、また登録をご希望の国をお知らせください。
最も適切な方法と、お見積をご提案いたします。


ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて