商標登録.jp > ブランディング > 商標の制作

商標の制作

ブランドの使命、約束の策定が、広い意味でのブランド設計であるとすれば、商品企画・デザイン、パッケージ企画・デザイン、サービス設計などに伴い、使用されるブランドのシンボル設計が、狭い意味でのブランド設計となります。
ブランドシンボルは、消費者が目にし、耳にし、時には触り、そのブランド商品・サービスを他とは区別する際の重要な要素となります。

ネーミング
わかりやすいこと、覚えやすいこと、他と区別しやすいこと、商品・サービスの内容が連想できること、などが重要になります。
さらに、使用できるものであること(商標登録されていないこと、商標登録できること、ドメインネームの登録ができること)、悪い印象を与えるものではないこと(外国語での意味、他者の模倣)などが重要になります。

ロゴデザイン
ブランドイメージを視覚的に体現したものであること、顧客(ターゲット)の感性に受け入れられやすいこと、パッケージ・ツール・メディアに付した際に識別しやすいこと、ブランドイメージにそぐわないデザイン・色彩ではないこと、などが重要になります。
さらに、使用できるものであること(商標登録されていないこと、商標登録できること)、他人の著作権を侵害しないものであることなどが重要になります。

キャラクターデザイン
ブランドイメージを、人、動物、架空のキャラクターなどを通じてアピールするとともに、顧客(ターゲット)との間のコミュニケーションを、パッケージ・ツール・メディア・販売促進・商品化などによって図る際などにイメージキャラクター、シンボルキャラクターとして策定します。またロゴデザインにキャラクターを採用することもあります。
この他には、実在人物などを広告キャラクター、イメージキャラクターとして起用することもあります。

シンボルカラー
ロゴデザインだけではなく、印刷物・ツール、店舗デザイン、制服デザインなどに共通して使う場合があります。ブランドイメージを色彩的に体現したものであること、顧客(ターゲット)の感性に受け入れられやすいこと、競合ブランドのシンボルカラーとの差別化ができること、などが重要になります。
色彩は、ブランドイメージ、消費者に受け入れられたい心理などを表現する有効な媒体となります。

ジングル
商品・サービスを宣伝・告知する際に用いられる短い音楽・音声です。
またコマーシャルソングを制作することもあります。
覚えやすいこと、印象に残りやすいこと、口ずさみやすいことなどが重要になります。

ツールデザイン
ネーミング、ロゴデザイン、シンボルカラーなどを適切に採用し、名刺、封筒、レターヘッド、包装紙、手提げ袋、パッケージ、看板、店舗デザイン、制服デザイン、販売促進グッズ、広告デザインなどに展開します。
広告デザイン等においては、ロゴなどとともに用いるスローガンや、キャッチフレーズ、ボディコピーなどのコピーライティングにおいても、ブランドの約束を消費者に対し伝達します。
※デヴィッド・オグルビーによれば、メリットを約束する見出しのある広告は、それ以外の広告の4倍も読まれるとされています。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて