商標登録.jp > 商標登録Q&A > 登録の手続 > 商標は、カラーとモノクロのどちらで出願するのがよいですか?

商標は、カラーとモノクロのどちらで出願するのがよいですか?

商標が登録されると、商標権が発生しますが、「登録商標」には、その登録商標に類似する商標であって、色彩を登録商標と同一にするものとすれば登録商標と同一の商標であると認められるものを含むものとする(商標法第70条)とされています。

つまり色違い商標も、登録商標と同一の効力があります。

したがって、カラーしか使用する予定がない場合と、カラーと白黒を両方使用する予定がある場合とのどちらであっても、基本的にはカラーで出願するか、モノクロで出願するか、大勢に影響はありません。

どちらかというとモノクロでの出願をお勧めすることが多いものの、カラーがはっきり決まっていれば、そのカラーで出願することもあり、ケースバイケースです。

モノクロにした結果、図形が見えにくくなる(たとえば、モノクロにすると違う色なのにトーンが似てしまう)ような場合にはカラーの方がよいでしょう。

また、商標調査の結果、類似商標と判断される可能性がある他の商標があった場合などで、色彩を付ければ他の商標との相違点がはっきりするときなどに、カラーで出願した方が登録できる可能性が高くなるということはありえます。
あるいは、デザインにあまり特徴のない文字商標であって、その文字商標が比較的一般的な言葉に近い場合には、モノクロや1色だけの色彩では登録できる可能性が低く、何色かの色彩でデザインされた商標で出願した方が登録できる可能性が高くなるということもあります(ただしその場合には、権利範囲の解釈として、そのようなデザインに限定されて解釈されるおそれがあります)。


ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて