商標登録.jp > 商標登録Q&A > 登録の手続 > 指定商品・指定役務とは何ですか?

指定商品・指定役務とは何ですか?

指定商品・指定役務は、商標登録を受けようとする範囲を指定するもので、商標とともに、権利請求をする対象を確定するものです。

指定商品とは、商標登録出願をする際に指定するもので、商標を使用する商品、または使用を予定している商品を指定するものです。
指定役務(えきむ)とは、商標登録出願をする際に指定するもので、商標を使用する役務(サービス)、または使用を予定している役務を指定するものです。

指定商品または指定役務は、1つまたは複数を指定し、その商品・役務の指定にあたっては所定の区分に従って記載しなければなりません。
区分は、第1類から第34類までの商品の区分と、第35類から第45類までの役務の区分とに分類されており、国際的に共通した分類が採用されています。

1つの出願で、1区分を指定することも、複数の区分を指定することもでき、商品と役務を指定することもできます。

指定商品・指定役務は、それぞれの区分に含まれるすべての商品・役務を指定することもできます。
ただし、明らかに使用することが法令上できない商品・役務を記載しないようにする必要があります。


ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて