商標登録.jp > 商標登録Q&A > 特許庁での審査 > 出願後に、指定商品・指定役務を追加したいのですが?

出願後に、指定商品・指定役務を追加したいのですが?

商標を出願した後に、当初には想定していなかった商品や役務について、商標を使用することになることもあると思います。
しかし、出願時には含まれていなかった指定商品・指定役務を追加することは、認められません。
この場合には、新規に出願をするということになります。

商標登録出願の手続では、出願内容の変更をする補正という手続もありますが、指定商品・指定役務を出願時より広い範囲に変更することは、要旨の変更として、その補正が却下されます。
区分を追加する補正のほか、同じ区分に含まれる商品・役務であって、出願時には含まれていなかったものを追加することも、要旨の変更です。
ただし、たとえば「菓子」を「チューインガム」に補正するように、元の商品・役務をさらに限定するような補正は、要旨の変更にはなりません。


ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて