商標登録.jp > 商標登録Q&A > 各種の商標登録制度 > 小売等役務商標制度とは何ですか?

小売等役務商標制度とは何ですか?

小売等役務商標制度とは、小売業者、卸売業者の商標を保護するために登録を認める制度です。

小売業者等が、商標登録をするためには、従来は取り扱うそれぞれの商品について登録をしなければなりませんでした。しかし、オリジナルブランドを製造販売する場合であればともかく、単に商品を仕入れて販売する場合などに、取り扱い商品区分ごとに登録を受けるのは大変です。

また、商品そのものには商標を付さなくても、商品販売において、登録店舗の看板、店員の制服、ショッピングカート等に使用する商標は、欧米をはじめ国際的にサービスマーク(役務商標)として保護されていることから、小売業者、卸売業者等が使用する商標を、第35類の役務区分で登録することが認められたものです。


ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて