商標登録.jp > 商標登録Q&A > 各種の商標登録制度 > 小売等役務商標制度ではどのような商標が保護されるのですか?

小売等役務商標制度ではどのような商標が保護されるのですか?

あらゆる商品についての小売業、卸売業の商標が対象になります。
小売業には、ネットショップ、通信販売業者なども含まれます。ただし商品の販売をしない事業者(ショッピングモールサイト運営者など)は除かれます。
卸売業には、各種の卸売業、問屋、商社などが含まれます。

業種には限定なく、衣料品店、八百屋、肉屋、酒屋、眼鏡屋、書店、家具屋、家電量販店、食料品店、スーパー、コンビニエンスストア、ホームセンター、百貨店、卸問屋等が含まれます。

小売等役務商標制度で保護される商標は、上記の各業種が、商品を販売することに付随して、商品の品揃え、陳列、接客サービスなどを行う際に使用する商標です。
たとえば、取扱い商品の商品タグ、値札、POP、折込みチラシ、広告、価格表、レシート、ショッピングカート、買い物かご、陳列棚、会計用レジスター、店舗の看板、店舗内の売り場の案内板、店舗内の売り場の名称、店員の制服・名札、レジ袋、包装紙等に表示する商標などです。
また、テレビ広告、ウェブサイトでの表示、インターネットにおける広告に表示する商標なども含まれます。


ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて