商標登録.jp > 商標登録Q&A > 特許庁での審査

出願後に、指定商品・指定役務を追加したいのですが?

商標を出願した後に、当初には想定していなかった商品や役務について、商標を使用することになることもあると思います。
しかし、出願時には含まれていなかった指定商品・指定役務を追加することは、認められません。
この場合には、新規に出願をするということになります。

商標登録出願の手続では、出願内容の変更をする補正という手続もありますが、指定商品・指定役務を出願時より広い範囲に変更することは、要旨の変更として、その補正が却下されます。
区分を追加する補正のほか、同じ区分に含まれる商品・役務であって、出願時には含まれていなかったものを追加することも、要旨の変更です。
ただし、たとえば「菓子」を「チューインガム」に補正するように、元の商品・役務をさらに限定するような補正は、要旨の変更にはなりません。

商標を少し変えたので、出願している商標を直したいのですが?

商標を出願した後に、新規にロゴマークを作成したり、マークを変更したり、あるいはネーミングそのものに変更を加えてしまうこともあると思います。

商標登録出願の手続では、出願内容の変更をする補正という手続もありますが、商標そのものを変更することは、まずほとんどの場合には認められません。
願書に記載した、商標登録を受けようとする商標についてした補正が、その要旨を変更するものであるときは、審査官は決定をもってその補正を却下しなければならないとされています。
却下されてから新出願という方法もありますが、ごく軽微な補正が認められた例がある程度です。

したがって、通常は、商標を補正するのではなく、新規にあらためて出願をしなければなりません。
この場合に、既に出願してしまった商標登録出願については、出願取下げをすることもできますが、第三者によって類似商標が出願されていないか等の確認をする必要があり、取り下げないで放置しておく方法もあります。

指定商品・役務が類似するかどうかは、どのように判断されるのですか?

類似商標が先に他人によって出願され、登録されてしまうと、商標登録ができません。
商標が類似するとは、ネーミングやマークなどの商標が類似していて、しかも指定商品・指定役務が同一・類似である場合です。

指定商品・指定役務が類似するかどうかは、原則として類似商品・役務審査基準にしたがい、審査官によって次のように判断されます。

商品の類否を判断するにあたっては、次の基準が総合的に考慮されます。
・生産部門が一致するかどうか
・販売部門が一致するかどうか
・原材料及び品質が一致するかどうか
・用途が一致するかどうか
・需要者の範囲が一致するかどうか
・完成品と部品との関係にあるかどうか

役務の類否を判断するに際しては、次の基準が総合的に考慮されます。
・提供の手段、目的又は場所が一致するかどうか
・提供に関連する物品が一致するかどうか
・需要者の範囲が一致するかどうか
・業種が同じかどうか
・当該役務に関する業務や事業者を規制する法律が同じかどうか
・同一の事業者が提供するものであるかどうか

商品と役務の類否を判断するに際しては、たとえば次の基準を総合的に考慮した上で、個別具体的に判断されます。
・商品の製造・販売と役務の提供が同一事業者によって行われているのが一般的であるかどうか
・商品と役務の用途が一致するかどうか
・商品の販売場所と役務の提供場所が一致するかどうか
・需要者の範囲が一致するかどうか

続きを読む "指定商品・役務が類似するかどうかは、どのように判断されるのですか?"

商標が類似するかどうかは、どのように審査されるのですか?

類似商標が先に他人によって出願され、登録されてしまうと、商標登録ができません。
商標が類似するとは、ネーミングやマークなどの商標が類似していて、しかも指定商品・指定役務が同一・類似である場合です。

商標(ネーミングやマークなど)が類似するかどうかは、審査官によって、次のように判断されます。

商標は、現実の商品・サービス取引の実情では、時と所が異なる場面で人々の目に触れるものです。
そこで、2つの商標を同時に対比して観察するよりは、時と所が異なっている状況を想定した離隔的観察により判断されます。
商標と、指定商品・指定役務との関係や、現実の取引の実情を勘案し、需要者の注意力から、誤認や混同をするおそれがあるかどうか等を判断します。

具体的には、商標審査基準に基づき、個別・具体的に審査され判断されます。

1 商標の類否の判断は、商標の有する外観(見た目)、称呼(読み方)及び観念(意味合い)のそれぞれの判断要素を総合的に考察しなければならないとされています。
2 商標の類否の判断は、商標が使用される商品又は役務の主たる需要者層(例えば、専門家、老人、子供、婦人等の違い)その他商品又は役務の取引の実情を考慮し、需要者の通常有する注意力を基準として判断しなければならないとされています。
3 振り仮名を付した文字商標の称呼については、たとえば、「紅梅/こうばい」と「ベニウメ」は類似するとされます。
4 結合商標の類否は、その結合の強弱の程度を考慮し、著しく異なった外観、称呼又は観念を生ずることが明らかなときを除き、結合したそれぞれの商標の「部分」についても判断されます。
5 音声(称呼)のみによって判断するときは、全体の音の数や、母音・子音の類似と相違、音の強弱などの要素を総合的に判断します。

続きを読む "商標が類似するかどうかは、どのように審査されるのですか?"

商標の審査にはどのくらいの期間がかかりますか?

最低、半年間程度かかります。ただしそれぞれの案件ごとに異なります。
また、ストレートに登録されずに、途中で拒絶理由通知が来て応答する場合には、さらに2~3か月程度はかかります。
なお、方式審査で不備があり、手続補正を行った場合などには、この期間も加わると思われます。
ただし、あくまでも平均的な目安であり、実際には特許庁からの通知が届くまではわからないのが実情です。特許庁の審査体制などの運用により変動することもありえます。

所定の要件を満たした出願については、早期審査の特例が適用されることがあります。

続きを読む "商標の審査にはどのくらいの期間がかかりますか?"

商標登録出願の審査は誰が行うのですか?

商標登録出願がされると、はじめに書類に不備がないかどうか等の方式審査が行われ、次いで、特許庁長官が指定する審査官によって、登録すべきかどうかの内容の審査(実体審査)が行われます。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて