商標登録.jp > 商標登録Q&A > 商標権の登録をしたら

登録商標にはどのような効力がありますか?

商標権が発生すると、商標権者は、指定商品または指定役務について登録商標の使用をする権利を専有します。使用する独占権です。
また、他人に商標権の一部または全部を使用許諾することもできます。
独占的な使用権として登録された専用使用権が設定されたときは、使用許諾がされた範囲(地域、期間、指定商品などの範囲)では、専用使用権者がその登録商標の使用をする権利を専有します。

さらに、商標権には、同一商標のほか、類似商標について、指定商品または指定役務、さらにはこれらに類似する商品・役務について、他人が商標を使用することを禁止する効力があります。

商標権が侵害されると、差止請求権、損害賠償請求権などを行使することができます。

商標権はいつから発生するのですか?

商標権は、設定の登録により発生します。
登録査定の後に、登録料を納付して、登録原簿への登録が行われた時です。

その後、商標登録証という賞状のような証書が送られてきますが、権利の存在を証明するものは、登録されていることの公的な証明である特許庁の登録原簿です。

商標登録証は、紛失・破損等した場合には再交付を申請することができます。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて