商標登録.jp > 商標登録Q&A > 商標調査とは

称呼とは何ですか、出願時に記載する必要がありますか?

称呼(しょうこ)とは、商標の読み方のことです。
商標の称呼は、審査において、他の商標と類似するかどうかを判断するために用いられます。
また、商標調査の時に、検索をするために用いられます。

特許庁のデータベース・特許電子図書館で商標検索をすると、称呼が記載されています。
検索をするときに、称呼が同一・類似の商標を検索する場合には、称呼を指定して検索します。
称呼は、検索ができるように割り振られたキーワードのようなもので、特許庁が付与します。
出願人が称呼を決めて記載する必要はありません。

また、類似商標があるとして、審査中に特許庁から拒絶理由通知が来た場合には、類似するとされた商標(引用商標)の指定商品・指定役務の類似群コードを確認し、対応にあたり考慮します。

1つの商標に、何通りも読み方が考えられる場合などには、複数の称呼があるときもあります。

商標調査は省略してもいいですか?

商標調査を省略することなく、必ず、事前に商標調査をする必要があります。

商標登録したい商標と、同一の商標や、類似する商標が先に登録されていると、商標登録ができません。審査において拒絶されるというリスクがあります。さらに、他人の商標権の侵害とされるおそれがあります。
商標権を侵害してしまうと、使用差止や損害賠償請求をされるおそれが強くあります。
名称の変更や、商標を使用している物の破棄などを求められるおそれもあります。

商標が同一・類似のものであって、しかも商品や役務(サービス)が同一かまたは類似していれば、同一商標・類似商標です。

続きを読む "商標調査は省略してもいいですか?"

商標調査をするには何が必要ですか?

特定の出願人・権利者の商標や、特定の商標がわかっている場合には、出願人・権利者名、商標名、出願番号や登録番号により検索調査を行います。

読み方が類似する商標を検索する称呼検索では、商標調査の対象となる商標の候補、自分が使用したい商標や、調査対象とする他人の商標を決めておく必要があります。
図形商標調査であれば、具体的な図形の態様(形状や色彩など)を特定しておく必要があります。

また、調査をするためには、商標を使用する商品や役務(サービス)を特定して行います。
商標が同一・類似のものであって、しかも商品や役務(サービス)が同一かまたは類似していれば、同一商標・類似商標とされるためです。

同一商標や類似商標が先に登録されていれば自分は商標登録ができません。
さらに、同一商標や類似商標が先に登録されていれば、商標権侵害になるおそれがあります。

続きを読む "商標調査をするには何が必要ですか?"

商標調査はなぜするのですか?

商標登録のための調査は、自分が登録したい商標や、商標の候補、あるいは自分が使用したい商標が登録されていないかどうかなどの確認をするために、事前に商標調査を行います。
調査の結果、類似商標がないことなどを確認しておかないと、出願の手間や時間、費用が無駄になってしまうからです。

商標権侵害にならないか等の確認のための調査は、使用予定・使用中の商標と同一又は類似の業務(商品・役務)について、同一または類似の商標が登録されていないか、出願されていないかの調査を行います。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて