商標登録.jp > 更新登録ご説明

商標管理

商標権・商標登録出願の管理や、商標に関する手続・期限の管理などを、一般に商標管理といいます。

商標権の更新管理
商標権の存続期間は10年間で、以後も10年ごとに更新が可能です。更新期限の管理をしておかないと、権利期間が切れて商標権が消滅してしまうおそれがあります。
通常、特許事務所(弁理士)では顧客の商標権更新期限の管理をしています。

商標・ブランドのポートフォリオ管理
半永久的に必要な商標、継続して使用する商標、不要になった商標、使用する予定がある商標、使用可能性があるためストックしている商標など、商標・ブランドという資産の管理をすることが必要です。

商標の適正使用
不正な商標使用によって、商品やサービスの質を誤認されたり、他人の商標と混同させたりすることにより、商標を取り消し請求されるおそれがあります。
他人にしよう許諾(ライセンス)をしている場合にも適正な使用をさせる必要があります。
継続して3年以上、正当な理由なく使用していない商標についても、商標を取り消し請求されるおそれがあります。

商標の使用ガイドライン
商標の書体やデザインなど、商標の使用方法について決めておき、統一して使用するようにすれば、ブランドイメージの浸透や向上に役立ちます。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて