商標登録.jp > 商標登録.jp通信 2006年07月04日

当ウェブサイトの著作権について

当ウェブサイト掲載のコンテンツ(プログラムを除く)は、同一性保持、著作者氏名表示、出所表示をするとともに、非営利利用であることを条件に利用可能となっております。また営利利用についてもお問い合わせください。
また、引用(著作権法第32条)につきまして、同一性保持、著作者氏名表示、出所表示等の通常の方法により行うことは可能です。
ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

「阪神優勝」の商標無効

「阪神優勝」の商標を、阪神タイガースとは関係のない千葉県の男性が、2002年2月に商標登録していたことが2003年に話題になりました。ロゴ入りTシャツなどを販売していたことも報道されました。
これに対し、プロ野球の阪神球団側は、「公認グッズと誤認される恐れがある」として、「阪神優勝」の商標登録無効を求めた審判を請求し、特許庁は球団の請求を認め、商標無効の審決を出しました。
 無効審判の審決では、「阪神」を「阪神タイガース」の著名な略称と認定し、商標「阪神優勝」は「商品の出所を混同させる恐れがある商標は登録できない」と定める商標法に反して登録されたと判断したものです。

 さて、無効審判とは、登録され権利が成立した登録商標について、商標法の所定の規定に該当することを理由として、登録を無効にするために特許庁に請求する手続です。今回は、無効審決により、登録が初めからなかったことになります。
 ところで、「阪神優勝」報道に関しては、ひと頃は、この個人が「阪神優勝」を商標登録したことにより、あたかも、阪神球団が「阪神優勝」の言葉を使えなくなるかのような誤った報道がありました。はっきり言えば誤報です。
 まず第一には、阪神の優勝という普通の言葉を普通に用いる分には、商標登録をされていても使用できること。
 第二には、登録商標を独占的に使用できるのは、その商標権の指定商品・指定役務(サービス)について、商標として使用する場合であるため、それに該当しない使用をすることに問題はないこと。
 そして第三には、登録された今回の商標は、文字だけではなく図形と組み合わされて登録されたものであり、図形まで使用する場合であればともかく、文字だけを普通に使用することに問題はないと見られたこと。
 最後には今回の無効理由があったと思われることです。
 商標や特許、特にソフトウェアやビジネスモデル特許の報道には、誤報じゃないかと思われる内容があまりにも多く目に付きます。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて