商標登録.jp > 商標登録.jp通信 2008年08月22日

星野ジャパンの商標登録

以前、「星野ジャパン」の商標登録出願がされているという記事がありました。
星野ジャパンの星野監督の名義で、知人が出願をしたが、本人が知らなかったことや批判的な記事等があったことで、出願を取り下げたということでした。

これに関する週刊誌やブログでの話題といえば、星野監督個人で商標登録してしまうのはけしからん、言葉を独占して利益でも得るつもりなのか?といったものでした。
しかしこうした論調には違和感がありました。
そこで、オリンピックが開催されている現在、このことについて書いておきたいと思います。
なお、筆者は、どのような目的や経緯で商標が出願されたのか、といった個別事情には詳しくありませんので、あくまでも一般的なこととして記します。

第一に、商標登録制度の目的は、商標に独占権を付与することによって、第三者が不正・不当に商標を使用することを防ぐことです。そうだとすれば、「星野ジャパン」を商標登録することはむしろ当然のことといえるでしょう。これほど著名な言葉ともなれば、不正競争防止法などにより、不正な使用を何らかの方法で防ぐことができる可能性はあるとしても、対策方法はとても困難をきわめます。

第二に、商標登録制度の目的は、商標登録をすることによって、第三者が商標登録してしまうことを防ぐことです。
著名な商標であれば第三者が不正に登録することを特許庁は審査で防いでくれますが、審査の結果次第となることですので、先に正当権利者が商標登録出願をしておくことが望ましいということになります。

第三に、商標登録の権利主体となれるのは、(1)個人、または(2)法人となります。
法人格のない団体が、出願人・権利者の名義人となることはできません。
たとえば、「なでしこじゃぱん/NADESHIKO JAPAN」という商標は、財団法人日本サッカー協会
が登録しています。これは財団法人という法人格がある団体だから、団体名義での登録ができるのです。
プロ野球球団などの法人格のある団体であればよいのですが、そうでない団体の場合には、通常は代表者など、個人の名義で登録することが当たり前です。
たとえば、ボランティア団体、法人格のない業界団体などの出願を扱うことがありますが、代表者などの個人で登録をするほかありません。
しかも、「星野ジャパン」という商標は、商標中に「星野」という著名人の氏が含まれており、他の個人名義で出願した場合に、登録を拒絶される理由にもなりかねません。

したがってここでの筆者の結論としては、第三者の不正使用・不正登録を防ぐためには、星野監督個人の名義で出願しておくという結論になるのは当たり前のことなのです。

2008年08月21日

「よくある質問」とコトバの品格

文章には、それを書いた人の性格や考え方が見事なほどに体現されます。
たとえば、日常的に感じることですが、まだ会ったことがない方とメールでやりとりして実際にお会いしてみると、想像していた通りの性格の人であることがほとんどです。
ウェブサイトの文章についても、まず同じであるといえるでしょう。実際に誰が書いているものかはわからないものですが。

情報提供を主体とするサイトであれ、営業を主体とするサイトであれ、閲覧者は顧客、見込み客、潜在顧客などの顧客サイドの方々であり、ウェブサイトの文章を初めとするコンテンツを提供しているのは、営利サイトである限り、営業主体であることになります。

近年、ウェブマーケティングが普及してくるにつれ、同じような顔をした同じようなページが氾濫しています。
特に、短絡的に注文を得ようとしたり、商材を売り込もうとしたりしているサイトにおいて顕著です。
サイトのタイトルがあって、その上に検索エンジン対策のキーワードを羅列した文章があって、タイトルの下やページの右あるいは左にメニューがあって、中央部分にメインコンテンツの文章が来るものです。

メインコンテンツの文章では、その商材がいかに素晴らしいものであるか、その商材を購入しないとどのような”大変な問題”があるか、ここで注文をすればどれだけ”お得”であるかといった文章や、それを強調する見出しやチェックリストなどが並んでいます。
どことなく、スーパーのチラシやテレビショッピングの連呼に似ています。

それはそれとして、筆者がいつも気になっているのは、「メニュー」項目の中に必ずといっていいほどある、ある項目です。
そのメニューはたいていは、なぜか「よくある質問」あるいは「FAQ」となっています。
「FAQ」とは、英語の”Frequently Asked Questions”の略語で、日本語にすれば「よくある質問」です。インターネットを離れた日常生活で、まず使うことはありません。そのサイト運営者あるいはウェブデザイン会社の人であっても、日常生活で普通に使用することはないはずです。言葉の響きがとても聴くに耐えない汚い言葉です。
雑誌広告やチラシ、取り扱い説明書などには書かないのに、なぜウェブ上に書く時だと「FAQ」なのでしょうか?

さて、話は最初に戻りますが、このようなメニュー項目を用意しているのは、営利サイトである限りは営業主体の側であり、それは顧客向けに発信されています。
ところが、「FAQ」などというなじみがなく、汚いコトバはもちろんのこと、「よくある質問」という言葉も営業主体から顧客に向けて言う言葉ではありません。
なぜなら、「よくある」のは営業主体にとってであり、顧客の側からは同じ質問を何度も普通はしないものですから、よくあることではありません。「よくある」のは、営業主体である会社や事業所の中でのことなのです。(くそったれ、また同じ質問かよ、ということです)

「よくある質問」コーナーを設ける理由は、同じような質問を繰り返し受けているから、「よくある」ことは勝手に読んでおいてくれよ、ということであり、その理由自体は、当サイトを運営している筆者にとっても理解はできます。
たとえば当サイトでは、手続の見積や相談などの営業上歓迎すべき質問はもちろんですが、不特定多数のさまざまな方々向けに情報発信していることもあり、実にさまざまな質問が寄せられます。
中には、たった1行の文章で「商標登録とはどういうものか説明してください」といった回答に困るものもあります。「ここは特許庁ですか?」といったご質問も(・・・違います)。
しかし、それでも、予備知識の有無などに関係なく不特定多数向けに情報発信し、無料相談を受け付けている関係上、こうしたことも営利サイトとして想定の範囲であり、正しいコトバの使用としては、
「よくいただくご質問」
なのです。ウェブデザイン上、文字のスペースが足りなければ、「Q&A」であれば日常的にも定着しており誰もが理解できる言葉だから問題ないと思います。

表面上、あるいは営業テクニック上、さらには短絡的な検索エンジン対策上のウェブマーケティング、ウェブブランディングばかりが実施されていながら、コトバの使用について無神経なことが多いと思います。しかし、どのような考え方でいるのか、その一端が言葉の使用法から見えてしまうのです。

2008年08月19日

「なでしこじゃぱん」は登録商標です

「なでしこじゃぱん」は登録商標です。
・・・なんて書くと、それではこの言葉は使えないのか、と心配する方もでききますが、「阪神優勝」のときと同様にそれは杞憂です。今回は正当な権利者が登録していると考えられますし、あくまでも「商標」とはある特定の商標登録した業務(商品名、サービス名称、ブランド名など)について使用する場合にのみ独占できるものだからです。一般人が会話で使ったり、報道で「なでしこじゃぱん」について言及したりすることになんら問題はありません。

たとえば、「スポーツの興行の企画・運営又は開催」について登録していれば、この業務については商標権者がその名称の使用を独占します。スポーツウェアについて登録すれば、その商品名などについて独占します。
一般的には、使うかどうかまだわからないものまで含めて、ある程度広めに登録することは、通常、あることですが。

さて。
商標登録第4845345号
登録日:平成17年(2005)3月11日
出願番号:商願2004-62898
出願日:平成16年(2004)7月7日
権利者:財団法人日本サッカー協会

20080821901.jpg

登録した業務(【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】といいます)はやや広めです。お役所言葉なのでわかりにくいですが。

第16類:
事務用又は家庭用ののり及び接着剤,封ろう,印刷用インテル,活字,青写真複写機,あて名印刷機,印字用インクリボン,自動印紙はり付け機,事務用電動式ホッチキス,事務用封かん機,消印機,製図用具,タイプライター,チェックライター,謄写版,凸版複写機,文書細断機,郵便料金計器,輪転謄写機,マーキング用孔開型板,電気式鉛筆削り,装飾塗工用ブラシ,紙製幼児用おしめ,紙製包装用容器,家庭用食品包装フイルム,紙製ごみ収集用袋,プラスチック製ごみ収集用袋,型紙,裁縫用チャコ,紙製のぼり,紙製旗,観賞魚用水槽及びその附属品,衛生手ふき,紙製タオル,紙製テーブルナプキン,紙製手ふき,紙製ハンカチ,荷札,印刷したくじ(おもちゃを除く。),紙製テーブルクロス,紙類,文房具類,印刷物,書画,写真,写真立て

第25類:
被服,ガーター,靴下止め,ズボンつり,バンド,ベルト,履物,仮装用衣服,運動用特殊衣服,運動用特殊靴

第32類:
ビール,清涼飲料,果実飲料,ビール製造用ホップエキス,乳清飲料,飲料用野菜ジュース

第41類:
当せん金付証票の発売,技芸・スポーツ又は知識の教授,献体に関する情報の提供,献体の手配,セミナーの企画・運営又は開催,動物の調教,植物の供覧,動物の供覧,電子出版物の提供,図書及び記録の供覧,美術品の展示,庭園の供覧,洞窟の供覧,書籍の制作,映画・演芸・演劇又は音楽の演奏の興行の企画又は運営,映画の上映・制作又は配給,演芸の上演,演劇の演出又は上演,音楽の演奏,放送番組の制作,教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオの制作(映画・放送番組・広告用のものを除く。),放送番組の制作における演出,映像機器・音声機器等の機器であって放送番組の制作のために使用されるものの操作,スポーツの興行の企画・運営又は開催,興行の企画・運営又は開催(映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行及びスポーツ・競馬・競輪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを除く。),競馬の企画・運営又は開催,競輪の企画・運営又は開催,競艇の企画・運営又は開催,小型自動車競走の企画・運営又は開催,音響用又は映像用のスタジオの提供,運動施設の提供,娯楽施設の提供,映画・演芸・演劇・音楽又は教育研修のための施設の提供,興行場の座席の手配,映画機械器具の貸与,映写フィルムの貸与,楽器の貸与,運動用具の貸与,テレビジョン受信機の貸与,ラジオ受信機の貸与,図書の貸与,レコード又は録音済み磁気テープの貸与,録画済み磁気テープの貸与,ネガフィルムの貸与,ポジフィルムの貸与,おもちゃの貸与,遊園地用機械器具の貸与,遊戯用器具の貸与,書画の貸与,写真の撮影,通訳,翻訳,カメラの貸与,光学機械器具の貸与

ちなみに、「なでしこリーグ」も登録されています。

20080821902.jpg

音の商標においの商標

音・においを商標に、特許庁検討 2010年の法改正目指す
との報道がありました(日本経済新聞)

特許庁が、音やにおい、動きなど新しいタイプの商標を導入する検討に入るというものです。これらは、音響商標、におい商標などといわれ、制度として導入している国もあります。

商標とは、よく「○○○」という言葉が商標登録された、などと報道されることから、ある言葉の使用権を独占するもののように思われがちですが、言葉を独占するものではなく、あくまでも商品名やサービス名称など業務について使用することに関し独占をするものです。

そうすると、音響やにおいが、業務について、それを表示するものとして使用される場合とはどういうことが考えられるのでしょうか。特許庁、音やにおいを商標登録できるように法改正へちょっととまどってしまう点もあります。

音響が何かの業務を示すものとしては・・・たとえばCMの音楽のフレーズや
セリフの言葉、「It's a SONY」とか、ラジオ局のJ-WAVEのジングルなどでしょうか?
においが何かの業務を示すものとしては・・・思いつくのが難しいのですが、たとえば香水のにおい、香料のにおい?

現在の日本の商標法および商標審査基準では、
「Sound mark(音響商標)、Olfactory mark(匂い商標)、Color mark(色彩のみからなる商標)」
は、登録できないとされています。(商標法第3条第1項柱書き

臭い商標については世界でもまだ前例が少なく、これを保護対象として認めているアメリカ、オーストラリア、イギリスなどでも登録例は少なく、アメリカでさえ1990年に初めて登録されてからまだ数件しか許可されていない状況。
本当にこれらの登録を認める必要があるのかどうか、日本国内で誰がこの制度の導入を望んでいるのかいないのか?

さて、商標登録出願は、依頼を受けた弁理士は、類似商標がないかどうかの調査をし、パソコンで出願書類を作成し、特許庁に提出(オンライン送信)します。
ネーミングなどの文字商標は、文字を入力して簡単に検索できます。類似商標がな意かどうかの判断には専門的な知識も要りますがわかりやすいものです。
マークなどの図形商標は、図形商標調査をします。図形のパターン(たとえば木の葉、擬人化された人の顔、三日月形、二本の線、など)を示すコードによって検索をします。

それでは、においの調査・検索はどうするのか。似ている匂いの登録があるかどうか、審査官は何をもとにどうやって審査をするのか? においに鈍感だと審査官にはなれないのか?
音響商標が何千も登録されていたとして、類似商標があるかどうかを聞き比べるのか? 10秒の音響商標と、60秒の音響商標とで、部分的な類似はどうするのか? ある程度の長さの音響は著作権で保護されることが多いと思われるが、著作権との兼ね合いは??
疑問は尽きません。

2008年08月18日

「スナックパイン」実は登録商標

「スナックパイン」実は登録商標
8月12日16時5分配信 琉球新報

沖縄でパイナップルの収穫が進んでいるが、その一種として、手で簡単にちぎれ、糖度が高くておいしいことから人気の「スナックパイン」は、実は登録商標だということで、確認すると登録されていました。
商標権は、商標の使用を独占できる権利であるため、行政や一部業者は数年前から使用を控えているが、商標権者側は「品種の人気が広がるなら使用を許可している」ということです。

実はこのように使用を広く許可する例は珍しくはなく、商標を広く認知させることによって、商品の普及を促し、取引の拡大に役に立つことはままあります。

ただし、その名称が普通名称ではなく、あくまでも登録商標であることを主張していかないと、いつのまにか言葉が独り歩きしてしまいに本当に普通名称になってしまうケースがあります。登録商標の普通名称化を防ぐため、その管理にあたっては注意が必要です。
登録商標であっても、第三者に使用されるなどして普通の言葉として使用されることを放置していると、その商品・役務の普通名称、その商品・役務について慣用されている商標などになってしまい、商標権の効力が制限されてしまうことがありえます。登録商標の普通名称化

2008年08月17日

悪いSEOは悪いブランディングにしかならないのに

「Yahoo! Search Technology (YST)」のインデックスについて、フルアップデートを開始され、検索結果が大きく変動しました。
Yahoo!検索 Index Update

当サイトの分野についても、順位が大幅に上下しているものが見受けられます。
インターネットを活用したビジネスにおいて、検索エンジンでの表示順位というものは、大きく影響するもので、その対策に関心をもつことは当然のことではあります。
しかし、その”対策”方法が、手間と時間をかけてまったく間違った方向へ走ってしまう事例が後を絶ちません。

ウェブサイトの宣伝や、検索エンジンで上位に表示させるための対策として、ウェブサイト同士がリンクを張りあう、いわゆる「相互リンク」が行われているが、これはもはや古い方法ではないか?、ということを、筆者のサイトにおいて問題提起したことがあります。相互リンクはしてはいけない?
私は、本当に関連のある必要なリンクを除けば、そのようなことをする必要はないし、手間隙かけてやればやるほど無駄なことになる場合も多い、と思っています。
相互リンクとは、ウェブからウェブへ、リンクをたどってネットサーフィンをしたかつての時代の名残にすぎないものであり、ウェブサイトの評価にはもはやまったく関係ないものだと思います。

また、メインサイトへの被リンクを増やすため、無料ブログを使って、自作自演のブログを多数開設し、自作自演の被リンクを集める手法が流行りました。
この手法についても、本当にそれぞれの量産ブログが、それぞれにテーマをもち、価値ある内容で第三者からもリンクや評判を集めるなどの評価がされるものであればまだよいのですが、内容のない量産ブログは、無駄になるケースが多いと指摘したこともあります。
無料ブログの量産が無駄な理由

今回、Yahoo!JAPANの検索結果の変動で、当サイトの関連分野のサイトで大きく順位を落としているところが、上記手法をとっているところです。
しかも、今回の順位変動を受けて、新たに無料ブログや、オンラインブックマークを流用した自作自演の被リンク稼ぎに走っている事例が見受けられます。

間違ったSEO対策は、手間と時間をかけてやればやるほど、逆効果になるのです。
第三者から評価されず、被リンク・発リンクともに自分のサイトしかない無料ブログやブックマークページを量産することは、わざわざ内容がなく質の低いリンクファームを構築することです。
今回の変動で、急激に表示順位を上げたサイトもありましたが、類似の手法を行っているものもあり、いずれ順位を下げたり、消えていくことになる可能性が高いものです。

このようにしてSEO”対策”をしているメインサイトを見てみると、どうでしょうか。
ユーザーへの情報提供や、利便性・サービス等の提供にはまったく関係のないメニューが並んでいることでしょう。
「相互リンク」、「簡単リンク」、「リンク1、リンク2、リンク3、・・・」、「***ブログ、●●●ブログ、○○○ブログ、・・・」

中には、メインサイトとは別の、無料ブログを利用して、本当に有益で面白いコンテンツを頻繁に提供しているものもあり、こうしたものになんら問題はありません。
しかし、メインサイトとは別の無料ブログにアクセスや被リンクを集め、そこを中継してメインサイトへアクセスを集めることが目的の場合には、外部のブログで有益な情報を提供しても、やはり効果は分散しています。
メインサイトのドメインの中にブログを設置してコンテンツを提供する方が、直接的にアクセスを集め、被リンクを集め、メインサイトを充実したものにさせるからです。

たいした新規な内容のないブログを量産することと、充実したコンテンツのあるブログを書き続けることとは、似て非なるものです。
充実したコンテンツを追加していくことは、弁理士の場合であれば、コンテンツを書くために法律の勉強をしたり、考えを整理したり、法改正・新たなニュースや判決を自分のものとして消化したりすることにもなります。

充実したコンテンツが日々追加されていくサイトと、見た目にもイメージの面でも見苦しい量産ブログや相互リンクを集めているサイトとでは、ブランディングの良し悪しに天と地ほどの差があります。

2008年08月14日

ブログパーツとブランディング

オンラインブックマークとは、オンライン上(サービス提供者のサーバー)でお気に入りを管理することにより、どのコンピュータからアクセスしてもブックマークを利用することができるようにしたものです。
そして、自分のブックマークを他のユーザーと共有することができるようにしたものです。

代表的なサービス提供者としては、Yahoo!ブックマークはてなブックマークなどがあります。これらを利用するには各サービス提供者への利用登録が必要です。

ブックマークを簡単にできるようにしたり、クチコミが発生しやすくなるようになることが、ウェブコミュニケーションやマーケティングの面からは、ウェブサイト運営者が利用するメリットがあるといえます。
そこで、当サイトにおきましても、代表的なオンラインブックマークを利用するときに、各ページ右下のリンクボタンをクリックするだけで、登録ができるようにしています。

ところで、リンクボタンをクリックするだけで登録できるようにするために、各ブログサービスに設置可能なブログパーツが配布されています。
ブログパーツとは、ブログのサイドバー、メニューの下などのページ内のスペースに組み込んで、表示されるパーツです。たとえば、天気予報やニュースを表示したり、キャラクターが表示されたり、その他各種機能を利用者のブログに加えることができるものです。

たとえば、Yahoo!ブックマークでは、ブログやウェブサイトに設置することで、リンクボタン1つでYahoo!ブックマークに登録できるとともに、そのページを何人の人がお気に入り登録しているか当を表示させるためのパーツを配布しています。
各社ブログ向けYahoo!ブックマークのブログパーツ設置方法

このようなブログパーツをたくさんのユーザ-が利用して、自分のブログやウェブサイトに設置することとなると、どのようなことになるでしょうか。
ユーザーから見れば、オンラインブックマークへの登録が容易になり、さらに公開されたブックマークを他の人と共有できるということになります。

しかし、より大きな効果は、ブログパーツ配布者に生じます。
上記の例でいえば、Yahoo!ブックマークの利用者が増大します。
さらに、数多くのブログやウェブサイトに自社のブログパーツが設置されるため、ブランディングに効果を発揮します。ブログやウェブサイトの運営者は、あまり多くのブログパーツを設置すると、サイトのデザインがごちゃごちゃになってユーザーにもわかりにくいため、代表的なサービス提供者のブログパーツだけを設置することでしょう。
さらに検索エンジン対策(SEO)に有利になる場合もあるかもしれません。

このため、ウェブマーケティングにおいてブログパーツの開発・配布が注目されているわけです。
ちなみに、「YAHOO!」は商標登録されているものですし、「Yahoo!ブックマーク」も商標です。
ブックマーク登録するためにクリックするボタンのマークも、図形商標といえます。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて