商標登録.jp > 商標登録.jp通信 > 商標登録ニュース > 商標の審決・判例

商標の審決・判例

商標審決データベース

商標登録についての特許庁の審決を集めたデータベース。
審決とは、審査に不服がある場合(拒絶査定不服審判)や、他人の商標権を無効にする場合(商標権無効審判)など、行政庁である特許庁に申し立てる裁判に類似した手続きの決定のことをいいます。

商標判例データベース

商標権に関する裁判には、大きく分けて行政訴訟と民事訴訟とがあります。
行政訴訟には、特許庁の審決に対する不服申立である審決取消訴訟があります。
民事訴訟には、商標権侵害に対する損害賠償請求や、使用差し止めを求める訴訟などがあります。


ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて