商標登録.jp > 商標の拒絶理由 > 他人の業務と混同する商標

他人の業務と混同のおそれがある商標(商標法第4条第1項第15号)

●商標審査基準
第4条第1項第15号(商品又は役務の出所の混同)(PDF 25KB)

他人の業務に係る商品又は役務と混同を生ずるおそれがある商標は、登録されません。

「他人の業務に係る商品又は役務と混同を生ずるおそれがある場合」とは、その他人の業務に係る商品又は役務であると誤認し、その商品又は役務の需要者が商品又は役務の出所について混同するおそれがある場合のみならず、その他人と経済的又は組織的に何等かの関係がある者の業務に係る商品又は役務であると誤認し、その商品又は役務の需要者が商品又は役務の出所について混同するおそれがある場合も含まれます。

「他人の業務に係る商品又は役務と混同を生ずるおそれがある商標」であるか否かの判断にあたっては、
・その他人の標章の周知度(広告、宣伝等の程度又は普及度)
・その他人の標章が創造標章であるかどうか
・その他人の標章がハウスマークであるかどうか
・企業における多角経営の可能性
・商品間、役務間又は商品と役務間の関連性
等を総合的に考慮して判断するものとされています。

他人の標章の周知度の判断に当たっては、周知度が必ずしも全国的であることを要しないものとされています。

続きを読む "他人の業務と混同のおそれがある商標(商標法第4条第1項第15号)"

●拒絶理由への対応

(1)他人の業務と混同のおそれがない旨の反論をする。
・他人の著名な商標と類似しないか、商品若しくは役務が互いに類似しないため、商品・役務の出所の混同を生ずるおそれがないとの主張をする。
・取引の実情等個々の実態を充分考慮すれば、広告宣伝の方法や地域がまったく異なる、取引場所や需要者もまったく異なる、多角経営の可能性もない等の主張をする。
・他人の商標は著名ではない旨の立証をする。

判決::
審決::
「宅急便」は他人の著名商標(昭和60年審判第1182号)

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて